HOME > お役立ち情報 > 消化器領域の治療指針とパス > 内視鏡を用いた胃瘻造設術 PEG

お役立ち情報

消化器領域の治療指針とパス

掲載記事は発行時(2005年)の内容です。

I  治療指針とパス

内視鏡を用いた胃瘻造設術 PEG

国際医療福祉大学附属病院 外科教授 鈴木 裕
聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター 講師 川崎成郎

パス表のダウンロード(エクセル形式)

   PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)は開腹せずに腹壁外と胃内腔との間に瘻孔を形成する内視鏡治療手技である。従来は経管栄養路として経鼻胃管が用いられることが多かったが、留置に伴う合併症の発生率が高く患者の苦痛も少なくなかったため、胃瘻による経管栄養が増加してきている。在宅医療が重視される今日ではPEGの有用性は着実に認識され、徐々に普及をみている。

適応と禁忌

   必要な栄養を自発的に経口摂取できない患者が対象となる。
   禁忌には絶対的禁忌と、手技が困難で危険が大きいと考えられる相対的禁忌がある(表1)。

表1:PEGの適応と禁忌

適応

経腸栄養のアクセスとしての胃瘻造設

  • 脳血管障害、認知症などのため、自発的に摂食できない例
  • 神経筋疾患などのため、嚥下不能または困難な例
  • 頭部、顔面外傷のため、摂食困難な例
  • 咽喉頭、食道、胃噴門部狭窄例
  • 食道穿孔例
  • 長期成分栄養療法を必要とするクローン病症例

誤嚥性肺炎を繰り返す例

  • 摂食できてもしばしば誤嚥する例
  • 経鼻胃管留置に伴う誤嚥

減圧目的

  • 幽門狭窄
  • 上部小腸閉塞

その他の特殊治療

絶対的禁忌
  • 通常の内視鏡検査の絶対禁忌
  • 内視鏡が通過不可能な咽頭・食道狭窄
  • 胃前壁を腹壁に近接できない状況
  • 補正できない出血傾向
  • 消化管閉塞(減圧ドレナージ目的以外の場合)
相対的禁忌、不可能、
または困難例
  • 腹水貯留
  • 極度の肥満
  • 著明な肝腫大
  • 胃の腫瘍性病変や急性粘膜病変
  • 胃手術、その他の上腹部手術の既往
  • 横隔膜ヘルニア
  • 出血傾向
  • 妊娠
  • 門脈圧亢進
  • 腹膜透析
  • 癌性腹膜炎
  • 全身状態不良例
  • 生命予後不良例
  • 非協力的な患者と家族

日本消化器内視鏡学会編:消化器内視鏡ガイドライン第2版,医学書院,2003より

治療の目的

   PEGによって造設された胃瘻は主として経腸栄養の経路として用いられる。また、減圧ドレナージ経路や各種内視鏡特殊治療の補助経路として使用されることもある。

インフォームドコンセント

   手技の概略、治療のゴールに到達するためのPEGの必要性、合併症、ほかの選択肢との比較などについて、十分に説明する。多くの場合、治療の意思決定は患者ではなく家族である。治療における家族の満足度も考慮すべきである。

Eisai Group
human health care